家庭菜園&DIY 日記
http://yuuayahina214.blog.fc2.com/
admin
 

プロフィール

ohana

Author:ohana
長野県 浅間山見える所在住
長男・長女・二女
家族5人田舎暮らしです。
家庭菜園&DIY&キャンプ&海/ウィンタースポーツが大好きな家族です。
家庭菜園とDIYの日記としてアップしていきます。




キャンプ日和
キャンプブログやってます!(^^)!

にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
⇑ポチっと励みになります!(^^)!
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
⇑ポチっと励みになります!(^^)!

訪問者数

ブロマガ購読者数

現在0人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

投票を・・・。励みになります  (*^^)v

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
2015.02.27/ 21:19(Fri)
2015年2月24日



2015年手作り味噌は自分だ育てた大豆(艶麗種)で作っていきます


大豆も栽培しました!(^^)!


自分で栽培した2014年秋収穫した大豆です。


P1000257.jpg


だいぶ近所の方に分けたりで2.5kg残っていたので味噌の出来高は10kgちょっとで
味噌づくり始めます。


洗う部分は水道水で。


P1000258.jpg


ここからはおいしい軟水で漬けます



P1000262.jpg

こんな感じで30時間ぐらい吸水させました

P1000263.jpg


僕は自宅にいなかったので、妻に頼みました~
こんな時間だったみたいで・・・(^_^;)


P1000266.jpg


30時間後

吸水完了~


P1000267.jpg


またまた富山の軟水の水を使って煮ていきます
圧力鍋で20分手前で圧を抜いてちょうどいい感じでした


P1000268.jpg


今年も純日本産の最高な塩で味噌づくりを使用しました
なんとなく有名な塩は海外で作った塩を日本産にするために手を掛けたものが
ほとんどなので・・・。
有名な塩の裏見るとほとんど外国産なんですよ・・・知らないだけで
勝手なこだわりですが僕は純日本で作ります





P1000269.jpg


圧力鍋をかけます


P1000270.jpg



その間に塩切麹を作ります


麹も自作です 

初の玄米麹づくり


P1000271.jpg



なんとなくビールを飲みながら←第3ビールです





P1000274.jpg


小指と親指でチェック

こんな感じオッケーです


P1000275.jpg


昨年買ったミンサーでミンチ状に


P1000276.jpg



塩切麹と混ぜて玉を作って

樽に投げ込みます ←手に味噌のもとがついているので画像ありません



これを5セット行います。 約3時間




P1000277.jpg



残して置いた全体の塩分の10%を上部縁にのっけます
カビ等いろいろ防止です。


P1000278.jpg


ラップして封をします


P1000279.jpg


今シーズンは簡単に書きましたが、
昨年2014の味噌作りの様子


2015年味噌づくり メモ 

分量

大豆(乾燥状態)  2.5kg  ←自分で無農薬栽培

玄米麹(生に近い) 3.5kg  ←浅科産五郎兵衛米 来年は自分で育てた玄米で・・・夢ですが


粟国の塩(釜炊き) 1.125kg ←このうち10%は上部に使用します


水は洗う以外は北陸コカコーラの富山の軟水を使用です。

極寒地の為
5月までは玄関で。
以降は床下で保存します。
秋には食べれるようになります。

2014年作成の出来高4kgはおいしくて、
すでに終わってしまいました。










 
スポンサーサイト
Category: 手作り味噌
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(3) 
2015.02.24/ 22:10(Tue)
2015年2月24日


床の間 今までの様子


足りなかった白玉砂利も洗って敷きました

かんせ~い (*^^)v

P1000253.jpg



早速飾ってみました


P1000285.jpg


間に合ってよかった~




 
Category: 床の間
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(2) 
2015年2月22日




初めての玄米麹づくり 1編


続きです

19日の玄米麹の様子
どんどん温度が上がっていってしまいます
クラーボックスの蓋の開閉と下部の水抜きキャップを開けたりして、
調整しています。
玄米の内部を測定する温度計がないので、内部は不明です


P1000247.jpg

よく見ると麹みたいのが白い感じになってます

P1000249.jpg

滅菌済みのしゃもじでぱらぱらになるようかきまぜました。
コメ袋で管理は結構いいかもしれません。
他のブログのかたのまねですが、コレで正解でした

P1000250.jpg


20日の様子
かなり白くなってきました。
一粒ずつ均等な感じになっていますが、
他の方のブログのように塊になりません
失敗かな(・・?
不安でドキドキです←誰か教えて~(笑)


P1000251.jpg


寒い玄関で乾燥と麹の動きを止めてます
普通、栗の甘いにおいがするみたいですが、
その匂いがいまいち分からず…。なんとも言えない慣れない匂いがします。
失敗かな


P1000256.jpg


菌に変な色のところはなく、均等にぱらぱらで菌が回った感じですので、
食べてみても変な味もしないので、みそ作りを続行しようと思います・・・



しばらく冷蔵庫で保管しようとおもいます。




 
Category: 玄米麹づくり
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
2015年2月18日


そろそろ味噌作りをと思い、玄米麹をポチッとしようと思ったら価格にビックリ

必要量購入すると大変な金額なので、家にある浅科の『五郎兵衛米』の玄米で自作しようと

麹系は初めてなので全く知識もなくネットで、いいとこどりのまねです

早速、1分づきができるコイン精米へ行きました
今回は3kg(乾燥)分摺りました。

IMG_0089.jpg

分つきはいろいろ良いみたいです

IMG_0092.jpg


玄米を洗って、24時間水に漬けて放置して


P1000217.jpg

蒸す前に、たまに混ぜて約2時間水切です。

P1000219.jpg

蒸し布は一度煮沸しました

P1000221.jpg

蒸す準備中~
蒸し器で蒸すこと自体初めてで・・・こんな感じで包み込めばいいのかな

P1000222.jpg

乾燥3kgなので結構な量です。
2.5升できる2段の蒸し器で玄米の様子を見て、55分蒸しました

P1000224.jpg

その間に、プラダンを用意し消毒。
前にブログで、プラダンが便利と見たことがあるので、迷わずプラダンに決定しました。

P1000225.jpg

こんな感じに加工すればこぼれず便利です。
大きいのでみそ作りにも使えるのでベストです。

P1000227.jpg

今回使う麹菌です。数百円で購入←安い
1kgに2gでいいみたいですが、失敗したらいやなので、3kgで12g使用することに。

P1000220.jpg

蒸しあがったので、プラダンに広げ、36℃前後まで温度をさまします。
温度計で確かめながら。

P1000229.jpg

麹菌をふりかけます

P1000231.jpg

まぜまぜ

P1000232.jpg


P1000233.jpg


2回に分けて麹菌をふりかけました。

P1000235.jpg

混ぜ終わったら新品米袋で、管理します
これもネットの検索で出たブログで見たので、まねです

P1000228.jpg

消毒済みのどんぶりで手際よく入れます。温度が下がりすぎてしまうので。

P1000236.jpg


完了~


P1000241.jpg


年に一回しか使用しない保温器等作るのは面倒なので、クーラーボックスで代用
2リットルのペットボトル2本に42℃くらいのお湯をいれて、玄米に直に当らないようタオルを敷いて、
500ペットにお湯を入れ、蓋をあけたままに←保湿用
ホッカイロも入れて温度管理しました。

P1000243.jpg

蓋をちょこっと開けたり閉めたり温度調整です。

P1000245.jpg

下の排水用キャップも使い管理しました。

P1000246.jpg


翌朝、ちょっと温度が高い気もしますが、OKとします。

P1000247.jpg


昼間は仕事なので、温度管理ができず心配。
ちゃんと玄米麹になってくれるかな~







 
Category: 玄米麹づくり
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(2) 
2015年2月18日


 前回までの様子

1.ヤスリがけ編

2.蜜蝋&パテ埋編

3.床の間ほんのりDIY 続 2


板がだいぶ良くなったので、床の間にやっとこ取り掛かります

家を建てる前からここは自分で・・・と構想があったので、下地がむき出しのままです。3年も

P1000163.jpg

ちょ~久しぶりに触る紙粘土です 小学校以来か?

P1000164.jpg

こんなのを作って板の高さ調整用

P1000165.jpg

並べて~

P1000166.jpg

ど~っと のっけました

P1000168.jpg

水平を取って、固まるのを待ちます。いったい何日で固まるんだろう

P1000169.jpg

まだいまいち完成のイメージがわかない

P1000172.jpg

ポチッとしておいた白玉砂利を洗います
間違って8分を頼んでしまったので、デカい

P1000212.jpg

んっ少ない気が・・・

P1000213.jpg

乾かしてる間に白の布を敷きました。
スキマから床材が見えないように工夫してみました。

P1000214.jpg




あちゃ~やっぱり



玉砂利がたりなーい


P1000216.jpg


結局まだ完成できず・・・

ひな人形が飾れず

もっと買わなくちゃ。

今度は間違えないように5分を買わないとな。



 
Category: 床の間
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
2015年2月14日

 前回までの様子

ヤスリがけ編


蜜蝋&パテ埋編



パテ埋めのごまかし編(笑)

こんな感じに蜜蝋はのっててくれず逆にパテが目立ってしまいました

P1000150.jpg


P1000151.jpg


で、これでごまかそうと・・


P1000152.jpg


いきなり実践

P1000153.jpg

なんとな~く完成
まあまあかな

P1000154.jpg

こんなもんで完成としました~

P1000157.jpg


後は白玉砂利を買わないと。

何とかひな人形飾るまでに間に合いそうかな












 
Category: 床の間
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
2015.02.08/ 10:25(Sun)
2015年2月7日


床の間用 ほんのりDIYサンダーがけの様子



2000番までかけてだいぶツルツルになったので、蜜蝋ワックスを 
塗装は室内に置くので自然な物で、手軽な蜜蝋に決めました
本物の蜜蝋が友人から頂いたのがあるので自作を考えましたが、作成時にこびりつくため専用鍋にしなければいけない等大変なため、今回はポチッとしました。


P1000136.jpg



中身


P1000137.jpg


早速ぬりぬり


P1000139.jpg


半分塗った感じです
蜜蝋クリームでイメージがだいぶ変わります。

P1000142.jpg


お~ いい感じ 


P1000143.jpg


昨日、パテ埋めしたとこです。パテに蜜蝋はのってくれません(泣)
パテ埋めはしないほうがいいです。勉強になりました



P1000144.jpg


ま~いい感じになってきました←(自分に言い聞かせてます 爆 )


P1000146.jpg


黒い筋が蜜蝋で、さらに目立ってしまった
柿渋でも塗ってから蜜蝋にすればよかったかも。

P1000149.jpg



お雛様を飾るまでには完成させないと・・・。


 
Category: 床の間
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(2) 
2015.02.06/ 00:12(Fri)
2015年2月5日


極寒地域の為、家庭菜園も春までおあずけ中なのでアップが滞ってます(-_-;)

床の間を我が家流に作りたかったので、設計時からあえて床の間はスペースだけで、
3年たっても物置と化してます(笑)
したがって、画像はありません


だいぶ前になりますが、友人に無垢のいただいたので、これを我が家流の床の間の板にしようと・・・。
友人に両サイドも手前角度と同じくらいにカットしていただきました。

P1020029.jpg

板表面をサンダーで、ヤスリがけを。まずは120番で。
何枚使っても木が堅くて削れず・・・

P1020052.jpg

いくら時間をかけても製材時のカットの筋が消えない・・

P1020049.jpg


思い切って40番からやってみます。
だいぶ良くなってきました

P1000103.jpg


次は80番


P1000106.jpg


120番


P1000107.jpg


手がサンダーでやばいので、240番は飛ばしました~。
次は400番
だいぶツルツルに。

P1000108.jpg

800番の後の写真です。
反射してます

P1000111.jpg


1000番で終わりにしました。


P1000115.jpg


少し割れている部分が気になったので、自宅にあった木工パテで、埋めてみようと
蜜蝋で仕上げようとしているので、油性系の塗料もOKと書いてあるのでこれで

P1000122.jpg


ここにパテで、すり込みんで、そのあと盛っていきます。

P1000123.jpg


雑に見えますが、乾いたらサンダーで、削るのでこんなもんでOKだと思います

P1000126.jpg

ついでに正面側の下部も成形してみました。
ココもきれいにサンダーをかけるので、雑です

P1000127.jpg


パテを乾燥させて、明日にでもキレイにサンダーをかけよっと。

床の間に敷きつめる石の色も決めなくちゃなー








 
Category: 床の間
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Copyright © 2015 楽しい菜園ライフ, all rights reserved.
まとめ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。